水商売の仕組みや気になること

お酒好きだったので

私がアルバイトを始めようと思った理由は、お酒が大好きだったからです。大好きなお酒をたらふく飲むことができて、さらにお金ももらえるなんて、なんていい仕事なんだろうと思っていました。毎日かわいいドレスのような衣装も着ることができ、かわいい髪型にもできると思い、とてもワクワクしていました。私は様々なキャバクラの求人を見比べ、難波のキャバクラ求人はコチラと書いてあったこのサイトから応募して現在のキャバクラに採用されました。しかしいざ働いてみると、私がイメージしている世界とはほど遠いものでした。まめにお客さんに連絡をしなくてはならず、お酒が好きでも酔わないように気をつけながら飲まなくてはならず、なかなか楽しく飲むことはできませんでした。また気遣いが非常に大切な世界であることも学びました。お客さんにちやほやされるものだと思っていましたが、反対にこちらが様々な気遣いをしなくてはならず、終わるころにはヘトヘトになっていました。時給が高い仕事はそれなりにきついものであり、私は甘くみていたと感じました。

女性画像

余裕のある生活ができるようにほしくて

私は就職先が決まらないまま大学を卒業しました。とりあえずバイトをしましたが、なかなか余裕のある生活をすることができません。休日に昔の友人に会った際に、とてもおしゃれになっていて、メイクもばっちりで、高価なバッグを持ち、女子力が非常にあがっていました。なにかあったのかと聞くと、キャバクラで働き始めたということでした。時給もいいし、それまでのイメージとは異なり、将来にも役立つことを学べるということでした。私はその当時の生活がギリギリだったので、私もキャバクラで働くことを決めました。求人は意外と多く、これまではスルーしてしまっていたんだなと感じました。働きはじめて感じたことは、バイト代は高額だし、努力をすれば欲しいものや食べたいものは全て手に入るような状況でした。しかしそれに至るまでには、かなりの努力が必要でした。しかしここで努力したことは、確かに将来役に立ちそうなことばかりです。これから生きていく中で、役立てていこうと思います。

バイトを見つけました

初対面の人と話すことに苦手意識があったので、就職活動を行う前に克服したいと考えていました。克服する方法として、多くの人と話すきっかけを作ることが良いと考えたので、求人情報で接客業を中心にして探していました。その時、キャバクラが求人募集していることを知り、興味を持ちました。華やかな世界に憧れを抱いていましたし、アルバイトなのに時給が高いのも魅力に感じたので応募してみることにしました。面接ではキャバクラのママとオーナーが行ってくれましたが、芸能人みたいに綺麗なママだったので驚きました。接客することに興味があるけれど、自信がないことを話すと、少しずつ慣れていくから大丈夫だと言ってくれたので、絶対にキャバクラで働きたいと思いました。面接の結果、採用されることが決まったので、それからは接客のマニュアルを読んだり、先輩からアドバイスをもらって勉強するようにしました。おかげで、今では初対面の人とも楽しく話せるようになりました。

申し込みをしました

テレビでキャバクラで働いている女の子たちの華やかな世界を見て、憧れのようなものを抱いていました。綺麗な衣装と髪型にして、男性と楽しく会話することに魅力を感じていたので、自分も高校を卒業したらキャバ嬢になりたいと感じていました。ただ私が住んでいるところは、いわゆる田舎だったので働きたいと思えるお店がなかったので、高校を卒業すると同時に上京することにしました。そしてキャバクラの求人情報を探していたところ、キャバ嬢のバイトを募集していたので申し込みをすることにしました。お店が自分に合うかどうか判断するのは難しいので、まずはアルバイトとして働いてみようと考えたからです。求人募集に申し込みをしたらすぐに面接をしてくれて、その場で採用が決まりました。キャバ嬢が着用するドレスを持っていなかったのですが、お店側が無料で貸してくれましたし、キャバドレスを購入できるお店も紹介してくれたので、今は楽しく働いています。